検索
  • まぐnet

採用の不一致を無くす

本日、4月1日に

新しいスタッフさんを迎え入れられたサロン様も

多いのではないでしょうか。


緊張で硬くなっている新人スタッフさんが

一日も早くサロン様に馴染める事を願っております。




前回の内容で

「早期離職の回避策」の一つとしてお伝えしたのが

採用の不一致を無くす” という事でしたが、

この4月に入社される方々には適応出来ない為

割愛させて頂いておりましたが

2023年度の採用活動には必要となりますので

本格的な活動が始まる前に

少し整理をしておいて頂ければと思います。



採用の不一致” として考えられるのは

1.サロンコンセプトに対する不一致

2.デザインテイストに対する不一致

3.社内風土と学生の気質の不一致

など…

が挙げられると思います。



1.サロンコンセプトに対する不一致 ですが

ガイダンス時、見学時にズレが無いかを

学生に確認する必要がある項目といえます。

特にガイダンスの時は、

どの様な職種があり、どの様にレッスンが進むのか…

という実務的な内容の方が、学生の反応も良い為

サロンコンセプトの様な想いや考え方より

多く伝えられやすいと思います。


ところが早期離職を回避しようと思うと

実務的な内容よりも

「想い」や「考え方」で繋がれているかどうか

が重要になってきます。


学生との話の最初に

自社(自店)はどの様な考え方で、何を大切にしているのか

をきっちりとお伝え頂き、

その想いと考え方に共感して頂いた上で

入社して頂く様に導いて頂きたいと思います。



2.デザインテイストに対する不一致 ですが

これは就職活動を行う中で、学生自身が選択しているケースが多いので

サロン様自身はあまり意識される必要はないと思いますが、

選択する材料のメインとなるのが

Instagram と スタッフさんの服装(空気感)

になりますので、

Instagramを活用されていないサロン様

          と

スタッフさまのファッションテイストに統一感が無いサロン様

は、学生の選択肢に入りにくい状態になっている

と言えますので

早めにご対応頂く事をお勧めさせて頂きます。




3.社内風土と学生の気質の不一致 ですが

まずは自社(自店)が

◉求める学生(人材)はどの様な人なのか

◉どの様な学生(人材)は不採用になるのか

を明確にして頂き、更に…

◉目の前の学生は自社に馴染めると思うかどうか

を踏まえて判断して頂くと大きなズレは起こりにくいと思います。

学生の気質と社内風土の具体的な見極め方については

また折を見てお伝えさせて頂ければと思います。



是非今のうちにご準備頂きます様、宜しくお願い致します!!





閲覧数:21回0件のコメント