top of page
検索
  • 執筆者の写真GemsConsultingOffice

管理者なったら持って頂きたい2つの着眼点と1つの心構え PART.1

マネジャーになったんですけど何をしたらいいんでしょう?

店長の仕事って何ですか?


という様に

昇進した方々から不安いっぱいに相談を頂く事が多くあります。

多くの美容室では

明確な昇進基準が設定されている事は少なく

その結果

自分の昇進に対して会社は何を求めているのかがわからず

責任感の強い人ほど、この様な不安を抱いてしまわれています。

しかし安心して頂きたいのが

何に…   どこに…   目を向ければ良いのか

がわかれば比較的簡単にその不安は解消されるという事です。




◉マネジメントに必要な2つの着眼点

その1:仕事の管理

職種、職務によって求められる成果や結果は異なると思いますが

ある一定期間の中で求められる部下の成果=目標を設定し

その目標を達成するように関わる事が求められます。

目標には

①定量目標=数値化できる目標 ➁定性目標=状態を表す目標

の2つがあります。


①定量目標は数値化されているので

あなたも、そして部下自身も

目標達成したかどうかは一目瞭然だと思いますが

➁定性目標に関しては

設定した目標の表現が曖昧であれば

達成したかどうかがわからない事がありますので

誰が見てもわかる表現で

目標設定を行う様にして頂きたいと思います。

例えば

「お客様から支持されるスタイリストになる」

という目標設定であれば

支持されているかどうかがわかりません。

支持された事がどの様にわかるのか・・・

を面談などで掘り下げて頂き

支持される為に必要なスキルとして

“○月までにメイクアドバイスが出来る様になる”

など実践出来ているどうかが判断できる目標を設定するか

「支持される=新規再来率60%達成」という様に

定量目標に変換する様にして頂きたいと思います。

個人的には定量目標に変換した目標設定をお勧めしています。


仕事の管理を行う上で、次に求められるのが

「その目標はどうすれば達成するのか…」という事です。

達成する為の具体的な行動が設定されていないと

部下は動く事が出来ません。

大切なのは、上司であるあなたが

「この行動なら目標達成出来る」

というイメージを持つ事ではなく

部下自身が

「この行動なら目標達成出来る」

というイメージを持つ事です。

そして更にもう一つ求められるのが

「その行動をどのくらい行えば目標達成出来るのか」

という事です。

1回で目標達成出来るのか

10回なら目標達成出来そうなのか

100回ぐらい必要なのか

と、部下の力量を踏まえて量(回数)を設定する必要があります。


つまり仕事の管理は

①目標設定(出来れば数値化された目標の定量目標)

➁具体的行動

③その行動をどのくらい行うのかという数値化という事で


①数値化➢➁行動化➢③数値化


の3STEPになる様に設定すると

目標達成イメージが生まれやすいと思います。


美容業界で働く人達の多くは

数値目標の設定だけでは動けない事が多いので

行動目標の設定までを一緒に行って頂く事を

お願い致します。



次回は

マネジメントに必要な2つの着眼点 その2

についてご紹介させて頂きます。


閲覧数:21回0件のコメント
bottom of page