部下指導において、「期待している!」はNGワード


「最近の子は、プレッシャーに弱い」

という声をよく耳にします

ひょっとして、必要以上にプレッシャーを

掛けていらっしゃるのでは・・・?

と思いながら

詳しくその時のやり取りを伺ったり

スタッフさんとの関わり方を拝見させて頂いても

特別プレッシャーを掛けられている様子はありません

では、ひょっとするとこれでは・・・と思い

「“スタッフさんに、期待しているよ!”って声を掛けられていませんか?」

と質問させて頂くと

「あっ、それ結構頻繁に言っている!」

との返答を頂く事が多くあります

自然界の法則として

「Take」からではなく

「Give」から

はじめなければなりません

例えば

周囲の人に対して

「あの人は言った通りに動いて動いてくれない」

「先輩が指導をしてくれない」

「子供片付けをしてくれない」

etc…は、

全て人から与えてもらおうとしている状態です

これは自分の心の器が満足で満たされておらず

器に隙間がある為

周囲の人から奪い取って

器を満たそうとしている行為といえます

自分の心の器が満たされていて

更に溢れ出している状態だと

人は優しい心になり

溢れている自分の満足を人に与えようとします

「期待しているよ」と声を掛けられるシーンとしては

部下・後輩にあたるスタッフさんが良い仕事をした時と

最近上手くいっていないスタッフさんに発破を掛ける

意味で伝えられる場合をあると思います

どちらの意味で伝えられても

伝えられた側としては

反射的に

「Take」

を意識してしまい

奪えわれない為の防御策として

結果を出せない

という事になります

では、どの様な言葉掛けが良いのか・・・

この場合

「信じているよ」

が適切な言葉としてお勧めしています

信じているよ

という言葉は

あくまでも一方通行の “想い” で

その言葉を投げ掛けられたスタッフさんは

愛情を与えてもらっているという

「Give」

を感じる様になります

自然界もコミュニケーションも

Give&Takeです

Take&Give

では上手くいきません

常に

求める前に与えよ

の精神が必要です

コミュニケーションも

部下指導も

子育てにおいても一緒です

ただメンタルがマイナスに傾くと・・・

つまり

心の器が満たされていないと

すぐに人から奪おうとしてしまうのが人間です

だからこそ難しく

また難しいから面白いのだと思います(^-^)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic