X理論なのか…?、Y理論なのか…?

March 13, 2017

経営理念作成のサポートをご依頼頂いたり

人事制度作成を依頼頂いた際にお伺いする様にしているのが

X理論なのか…、Y理論なのか…という事です。 

 

X理論とは、ルールの中で管理し、

目標が達成出来なければ罰を与えるという

「アメ」と「ムチ」を使い分けたマネジメントです。

 

Y理論とは、やりがいのある目標と責任を与え続ける事で

社員のモチベーションの高め、動かしていくマネジメントです。

 

 

 

この話だけをすると

ほとんどの人はY理論を選ばれます。

 

 

 

目指したい経営がY理論だからだと思うのですが

経営理念を掲げ、行動規範も作成し、

人事制度を稼働させていくと

社員、スタッフの

「出来ていない事」

が目に付くようになる方が多いようです。

 

 

 

その出来ていない事を

出来る様にする手段として選ばれる多くは

残念ながら “ルールづくり” です。

 

 

 

 

ルールを作り始めると

それでも出来ない人の為に

更なるルールが積み重ねられます。

 

 

やがてルールまみれの組織になってしまいます。

 

 

 

 

表面的には

やりがいと機会を提供してくれる

Y理論を追及している組織の様に見えるのですが

実質はルールで縛られた

X理論の組織へと変わってしまっている

というケースは多々あります。

 

 

 

 

 

人は生まれつきは善なのか…?

それとも

人は生まれつきは悪なのか…?

 

 

 

 

Y理論を軸に経営をしていこうと思っても

社員が思う様に成長しない

会社の風土がなかなか改善しない

その結果業績も伸び悩む

という状況を目の当たりにすると

今行っている事を疑いたくなってしまいます

 

 

 

でもこの状況で大切なのは

「信じる事」

 

 

それは

今やっている事を信じる事であり

社員さん一人ひとりを信じる事であり

自分自身を信じる事です

 

 

 

 

とはいえ、それがとても難しいから

皆さん悩まれるのですが…(;一_一)

Please reload

Featured Posts

何を伝えるかではなく、誰が伝えるか

January 27, 2017

1/2
Please reload

Recent Posts

July 17, 2018

July 3, 2018

June 27, 2018

Please reload

Search By Tags