向き不向き

「向いていないんですかね~」

っと、

何か上手くいかない事があると

口にしてしまう人がいますが

この 「向き不向き」 って

誰が決めるのでしょう???

「今月でお店を辞める事になりました。

 今までありがとうございました。」

とご丁寧に挨拶をして頂いた

美容室のスタッフさんに

「店を辞めて違う美容室で働くんですか?」

とお聞きすると

「いえ、美容師を辞めます。

 向いていないんで…。」

と言われる事があります。

「え~、向いてますよ!」

とお伝えしても

頑なに否定されるばかりです…💧

順調に成長し

仕事が上手くいっているけど

辞める人の場合

「向いていないんで…」

とは言われません。

多くの場合

「次に目標(夢)が出来たので…」

という返答を頂きます。

つまり…

向いていない

と表現する事で

上手くいかなくても仕方がなかった

という自分への慰めと

自分の能力が低いのではなく

長所短所でいうと

短所にあたる仕事だったんですよ

と他者に対しての自己顕示

の様に見えてしまいます。

上手くいかない時

トラブルに見舞われた時

解決策が見つからない問題に出くわした時

自分の精神状態を維持する為に

「向いていない」

と考えてしまう事があります。

平昌オリンピックも大詰めを迎えていますが

どの競技においても

始めたころから

いきなり世界記録級の

スキルを持った人はいません。

同じスキルを何度も失敗しながら

繰り返し繰り返し練習をする事で

乗り越えてきているはずです。

一度や二度の失敗で

向いていない

と考えていたら

オリンピックに出る事は出来ませんし

メダルを取る事など出来ません。

そんな事を考えてしまうのは

私自身も

「向いている、向いていない」

と考えていた事がありましたし

今でも頭をよぎる事があります。

「向いていない」は「現実逃避」

と自分自信に言い聞かせ

困難や問題に出会ったら

気持ちを奮い立たせたいと思います!!

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
© 2013 office Gems
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter