組織が変われば求める人材が変わる

採用のコンサルティングをさせて頂く中で

よく耳にするフレーズの一つが

「いい子」 です。

具体的に「いい子」ってどんな人ですか?

とお伺いすると

なかなか絞られていないのが現状です。

質問をしながら

この「いい子」を具体化させて頂き

いい子 ⇒ 求める学生像

に変換された後に耳にするフレーズが

「どこのサロンもこの様な人材を求めますよね~」

というモノなのですが

実はこの求める学生像は

それぞれの組織において異なります。

ある組織では

少々雑でも

明るくコミュニケーション力の高い人がいい

という人物像になり

ある組織では

少々大人しくても

まじめにコツコツを仕事を進められる人がいい

という人物像になったりします。

これはそれぞれの組織において

上手く育てる事が出来たか

育てられなかったか

言い換えれば

そのスタッフが組織風土に

馴染めたか、馴染めなかった

という事かもしれません。

なかなか成長しないスタッフさんがいたら

それは育てる側の力量

つまりサロン側の力量をあげる機会なのだ

と捉えて頂き

人材難の現在を

いい形で乗り越えて頂きたいと思います。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
© 2013 office Gems
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter