どうせなら “実りあるもの” に

学校生活でも

社会に出ても

自分の望む事だけで

毎日を送れる事は

ありません。

時には気の乗らない

誘いがある事もあれば

苦手な事をやらなければ

ならない事もあります。

その様なシーンに

出会った時に

気が進まないから

嫌々やるのか

気持ちを切り替えて

積極的に取り組むのか

嫌々やっても

積極的にやっても

「やるべき事」

は変わりません。

場合によっては

嫌々やった方が

時間が掛かり

より多くの時間

その「嫌な事」に

縛られる事になるかも

しれません。

しかしそれ以上に

積極的に取り組んだ方が

自分の気持ちのコントロールの

学びになりますし

より多くの気付きと

経験が増えると思います。

嫌々やってると

言われた事の最低限度しか

やらない事が多いですが

積極的にやっていると

全体の進み具合や

もっと効果的な方法はないか

もっと質の高いモノにならないか

などが気になったりします。

同じ時間を費やすなら

学びと経験の多い方を

選んだ方が

“実りあるもの”

になる様な気がしておりますが

それは私だけでしょうか…(^-^)

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic