組織の中の質量保存の法則

先日コンサル先の

幹部スタッフさんとお話をしていました

その中で私が

最近Aさんが

とてもイキイキしている様に 思うんですけど、

何が特別な指導でもされたのですか?

と質問すると、

いえいえ別に何もしてないんですよ。

考えられるのは、数ヶ月前にBが退社したでしょ。

AはBの圧力に押されていたので、

Bの退社によって

自分らしくなれる様になっただけだと思いますよ。

との事でした。

この現象はどの組織でも見られます。

ある組織に所属する人が仮10人いるとします。

計算しやすくする為に

組織内のエネルギーを100とします。

10人が均等にエネルギーを持っていたら

一人当たり10のエネルギーを持っている事になります。

組織から2人が出て行くと、

100のエネルギーを8人で分ける事になりますので、

一人当たり12.5のエネルギーを持つ事になります。

もちろんこんなに単純な分配にはなりませんが、

エネルギー量の高い人が組織に入ってくると

誰かのエネルギー量が下ってしまう

という事がおこります。

カリスマ経営者の下には

指示待ちの部下が出来やすいのも

同じ様なモノです。

組織はバランス

だと思っています。

全体のパワーバランスを考えながら

誰に、どの様なストロークを、どのタイミングで、

送るのか…

それにより

組織の成長が変わる様に思います。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
© 2013 office Gems
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter