仕組みと関わり

May 8, 2018

規模の大小や

 

社歴に関係なく

 

組織には何らかの

 

問題、課題があるモノです。

 

 

 

 

 

 

 

私がご相談を頂いた際の

 

最初の着眼点が

 

“仕組み”と“関わり”です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在起こっている問題が

 

「あの人がこんな事を言っていた…」

 

「あの先輩は自分で言った事をやっていない…」

 

「店長がレッスンを見てくれない…」

 

などの場合

 

関り方の問題でもありますが

 

仕組みである程度改善出来る場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

仕組みを持っている組織は

 

関りが希薄になりがちで

 

ドライというか

 

冷たい風土である事が多い様に思います。

 

 

 

 

 

 

また関りが強い組織は

 

仕組みが無い場合が多く

 

仮にあったとしても

 

仕組みで解決するというよりは

 

気合で乗り切ろうとする風土が

 

多い様に思います。

 

 

 

 

 

 

でちらが良いとか悪いとかではなく

 

どちらも必要で

 

特にそのバランスが大切だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

愛情が無くては人は育ちませんが

 

成果、成長を実感出来なくても

 

人は育ちません

 

 

 

 

 

 

愛情を持った “関わり”

 

 

成果、成長に導く “仕組み”

 

 

 

 

 

 

一度この2点の目線で

 

自社を振り返ってみて頂ければ

 

新たな課題が見つかるかもしれません!!

Please reload

Featured Posts

何を伝えるかではなく、誰が伝えるか

January 27, 2017

1/2
Please reload

Recent Posts

July 17, 2018

July 3, 2018

June 27, 2018

Please reload

Search By Tags