仕事をして下さい!

May 21, 2018

タイトルの

 

「仕事をして下さい!」

 

とは

 

ある美容室の社長が

 

幹部スタッフさんに

 

お伝えになられていた言葉です。

 

 

 

 

 

 

この時の

 

「仕事」

 

という意味…。

 

 

 

業務や作業という意味で

 

言われているわけではありません。

 

 

 

もちろん幹部スタッフさんも

 

その事は理解されています。

 

が…、

 

問題なのは

 

 

自分に求められている

 

仕事が何なのかがわからない

 

 

という事です。

 

 

 

 

 

この仕事に対する理解は

 

幹部スタッフさんだけのものではなく

 

新入社員から社長・会長に至るまで

 

必要なモノです。

 

 

 

 

 

この仕事における定義づけが無い為に

 

トラブルが起こったり

 

戸惑いを覚えるスタッフさんがいたりします。

 

 

 

 

 

仕事の連携が上手くいかない

 

とご相談を頂いた美容室の場合

 

 

アシスタントの仕事って何ですか?

 

 

と質問すると

 

スタイリストのアシスト業務

 

と返答頂きました。

 

 

 

名称の通りアシスタントですので

 

スタイリストのアシストをしています。

 

 

 

 

ところが

 

スタイリストの方々は

 

ワインディングのヘルプに入っている時に

 

お客様が咳きこんでいたら

 

飲み物やのど飴をお出しする事を

 

アシスタントに求めます。

 

 

 

 

お客様が困っていたら

 

その事を優先して欲しい

 

という考えは当然の事だと思いますが

 

スタイリストのアシストが

 

職務だと思っているアシスタントからすると

 

お客様に飲み物やのど飴をお出しする事は

 

自分の職務から外れる行為

 

と考えてしまいます。

 

 

 

 

職務の軸はスタイリストのアシストだけど

 

お客様がお困り時

 

お客様から要望があった時は

 

そちらを優先して欲しい

 

という様な

 

ジャッジの基準があると

 

自分の意思で動ける様になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

これと同様に

 

 

スタイリストの仕事とは…

 

店長の仕事とは…

 

新入社員の仕事とは…

 

 

を定義づけする事で

 

自分で考え、自分で判断し

 

動ける職場に変わったりもします。

 

 

 

 

 

風通しの良い

 

職場環境にして頂く為にも

 

それぞれの立場における

 

それぞれの職務を明確にして頂く事を

 

お勧めしております<m(__)m>

 

Please reload

Featured Posts

何を伝えるかではなく、誰が伝えるか

January 27, 2017

1/2
Please reload

Recent Posts

July 17, 2018

July 3, 2018

June 27, 2018

Please reload

Search By Tags