風土づくりは日々の関わり

May 25, 2018

人は教育で育つのではなく、風土で育つ

 

と言われます。

 

 

 

 

もちろん教育の仕方で

 

成長の仕方は変わりますが

 

それ以上に

 

その組織の環境、空気感が

 

やる気を起こさせたり

 

もうひと踏ん張りさせたり

 

と後押しになる為

 

組織風土が

 

全体の底上げには

 

必要不可欠という事の様です。

 

 

 

 

この組織風土は

 

日々の関わり方

 

言葉の掛け方

 

行動の仕方

 

などの影響を強く受けます。

 

 

 

 

 

どれだけ正論を伝えても

 

先輩たちが実践していなければ

 

風土として根付かないどころか

 

部下・後輩たちは

 

やがて組織に対して不信感を

 

覚えてしまうと思います。

 

 

 

 

また出来ていないところの

 

指摘ばかりで

 

出来ているところの

 

承認をされなければ

 

継続出来ず

 

風土として根付きにくい事もあります。

 

 

 

 

 

例えば…

 

座敷のある和食屋さんで

 

昼ご飯を食べていると

 

お母さん方がお子さんを連れて

 

ランチをしている事があります。

 

 

 

 

 

 

座敷を走り回る子供達に対して

 

お母さん方は

 

「走ったらダメ!」

 

とか

 

「おとなしく座って食べなさい!」

 

と注意をしますが…

 

ママ友との会話に夢中になり

 

子供が座って食べ始めた事に対して

 

承認してあげているケースは

 

非常に少ない様に思います。

 

 

 

 

 

仕事でも一緒だと思います。

 

 

 

 

 

出来ていないところを指摘するだけではなく

 

指摘した事柄に対して取り組んだ時に

 

如何に承認してあげる事が出来るかが

 

大切だと思います。

 

 

 

 

つまり

 

組織風土=日々の関わり

 

と言えます。

 

 

 

 

人の成長が組織風土であると考えると

 

その風土が出来ている組織と

 

未完成の組織とでは

 

大きく差が開いていく事になる

 

と言えますので

 

理想とする風土に向けて

 

一日でも早く

 

取り組んで頂いた方がいい項目だと

 

思っております💦

Please reload

Featured Posts

何を伝えるかではなく、誰が伝えるか

January 27, 2017

1/2
Please reload

Recent Posts

July 17, 2018

July 3, 2018

June 27, 2018

Please reload

Search By Tags