職場に起こる、ホームシック的現象

美容学校で先生方とお話をさせて頂くと

最近の学生はコミュニティの範囲が狭い

と言われます。

自宅から学校までの間で

同世代の自分と気の合う人達とのみの触れ合いの為

対人関係能力も低くくなりがちの様です。

私も自分が学生の頃を思い返すと

18歳の時のアルバイト先の店長が

25歳だったのですが

とても大人…と言いますか

おっさん…という印象があります。

アルバイト経験が少ない

もしくは

アルバイトをした事がない

という学生も増えてきており

年上の人と接する事に

慣れていない人からすると

異次元の世界の様なのかもしれません。

タイトルの “ホームシック的” という表現ですが

あくまでも “ホームシックみたいな” という事なのですが

職場に自分の居場所をつくれない人が

多いのも事実の様です。

教育担当の方からご相談を頂く内容として

バックルームから出て来ない

カラーラボから出て来ない

サロンの隅から動こうとしない

仕事が済んだらサロンの隅に行ってしまう

などがあります。

そこが店内で一番居心地が良い場所に

なってしまっているのだと思います。

逆説的に考えると

そこしか

自分の居場所がないのかもしれません…。

自分の居場所を

自分で作り出す事が

出来ない人が増えてきています。

ところが

居場所が見つかれば

能力を発揮出来る可能性が

十分あります。

これからは

ホームシック的な状態になる前に

職場がホームになる様に

関わって頂く事が

必要かもしれません…。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
© 2013 office Gems
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter