更に続・面接希望者が来ない理由…

October 25, 2018

先週、面接希望者が来ない理由と

 

続・面接希望者が来ない理由

 

という記事を書かせて頂きました。

 

 

 

 

今回は

 

続・面接希望者が来ない理由の

 

改善ポイントの

 

①学校にサロンの認知度を高める事

 

の続きをご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

認知度を高める方法としては

 

他社・他店との明確な違いを打ち出しし、

 

自店の商圏の中で

 

3本の指に入るくらいの認知度が必要

 

とご紹介させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

その認知度を高める上で

 

特に重要となるのが

 

学校の先生方の

 

信頼度

 

を高める事です。

 

 

 

 

 

 

 

信頼度を高めるには

 

そもそも論になりますが

 

新卒で学生を採用する事が必須

 

となります。

 

 

 

 

 

 

 

先生方が

 

このサロン様なら安心かも…

 

と思って頂くには

 

卒業生が頑張って続いている事

 

最も影響力が強いと言えます。

 

 

 

 

が…、

 

新卒採用が難しい現在において

 

その実績を残そうと思うと

 

何年後になるのかわかりません。

 

 

 

 

 

そこでお勧めしているのは

 

先生方が

 

 

私もこのサロンで働きたかった!

 

 

と思ってもらえる

 

教育方法をお伝えする事です。

 

 

 

 

 

 

 

就職担当の先生がいる学校の場合

 

その担当の先生は

 

美容師ではない可能性が高いですが

 

担任の先生が

 

就職担当をされている学校の場合は

 

独自の育成方法や

 

理論などを持たれていると

 

とても共感頂きやすく

 

安心して頂ける事が多いです。

 

 

 

 

 

また美容師ではない

 

就職担当の先生方の場合は

 

今の時代に合った人材育成

 

という目線での

 

育成プランを作成して頂ければ

 

とても共感して頂きやすくなります。

 

 

 

 

 

 

社会に出て何年も働いていると

 

10代の頃の気持ちはあまり思い出せず

 

またスマートフォンやSNSの普及で

 

コミュニケーションのあり方までが

 

随分と異なってきています。

 

 

 

 

 

その為

 

自分達が10代の頃はどうだっただろう???

 

だけでは

 

理解出来ない事が多いのですが

 

先生方は

 

毎日10代の学生と触れ合っているわけで

 

その10代の学生の気持ちを理解して頂ける

 

サロン様、企業様に対して

 

安心感と共感と興味を持たれるのは

 

当然の事だと思います。

 

 

 

 

 

レッスンカリキュラムの内容も大切です

 

レッスンを行う時間帯も大切です

 

が、それ以上に

 

日々スタッフとどの様に関わっているのか

 

の方がもっと大切です。

 

 

 

 

 

 

 

学生の気持ちの理解=先生の共感・安心感

 

と捉えて頂き

 

自社・自店の

 

関わり方の強みを見つけて頂きたいと思います。

 

 

Please reload

Featured Posts

何を伝えるかではなく、誰が伝えるか

January 27, 2017

1/2
Please reload

Recent Posts

July 17, 2018

July 3, 2018

June 27, 2018

Please reload

Search By Tags